クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例


クリニックの環境でレーシックの失敗例
レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。




クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2020年06月11日

自分でおやつを買わなくても、
もらったりする機会ってありますよね?

引き出物やおみやげ、お中元、お歳暮などなど…

俺もつい2週間前、
仲間からおやつの詰め合わせを
もらう機会がありました。

美味しそうなおやつ、
テーブルの上なんかにおいておくと、
ひたすら食べ続けたりしちゃったり…

減量中にはこうした行動は命取り…

でも大丈夫!
そんなついついなんとなくの
食べすぎを防止する方法があるんですよ!

ずばり冷凍庫で保管しちゃえば良いんです!
食べる時は解凍して少しづつ食べるようにしましょう。

保存するおやつにもよりますが
密閉容器に入れて冷凍すれば
生菓子でも約一ヶ月ぐらいは保管できますよ。

この方法なら、一気にまとめ食いも防げますし、
解凍するのが面倒なんで、
食べたい欲求にも歯止めがかかりやすいです。

こんな簡単な事で
おやつの誘惑から逃げられるなんてやるしかないですね。

解凍する手間を考えたら
もしかすると食べなくてもいいかな?
…なんて思って
ブレーキがかかるかも知れませんしね!

ちなみに
解凍する際は
洋菓子なら自然解凍、
まんじゅうなどは電子レンジで行うのが一般的。

基本的には
たいていのものは冷凍できますが、
生のフルーツを使ったものや
水ようかん系は冷凍には不向きです。

判りやすく言えば、野菜にも言えますが
水分が多いものが不向きという事です。

まぁ、フルーツだけだったら
冷凍したまま食べても美味しいですけど…

冷凍しづらいものを貰ったらささっと食べて、
あしたからまた減量に励みましょう!

思わぬ貰い物のおやつにはこうした冷凍法を活用して、
誘惑に負けず減量を継続していきましょう!


クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックの最新情報配信中